HADABI COLUMN

BEAUTY

乾燥対策、まだ朝晩同じ?
潤い肌は夜スキンケアにあり!

秋冬は肌にとって過酷な環境!

秋冬の肌トラブルといえば断トツで乾燥。それなのに、春夏と同じケアをしていませんか? 湿度が下がる秋冬には、秋冬の乾燥対策が必要です。中でも保湿のおすすめタイミングは夜! 保湿ケアにあわせ、最新のナイトパックもご紹介します。

「スキンケア」ガイド:大貫 未記

美容ライター・気象予報士・健康気象アドバイザー。化粧品メーカーやドクターを取材するうち、女性の肌や体が天気の影響を受けていることを痛感して、2003年に気象予報士の資格を取得。天気の観点からも美容を語れる稀有な存在。

湿度が低下する秋冬は、肌の乾燥注意報が発令!

「今年の夏は暑かった~!」なんて言っていたら、本格的な秋はすぐそこに…。毎年この季節になると、乾燥に悩まされる方も多いのではないでしょうか。秋冬の乾燥対策について、気象予報士の資格を持ちながら美容ライターとしても活躍中の大貫未記さんに伺います。

大貫さん(以下敬省略)「東京では、9月の秋の長雨が終わると湿度がガクっと急激にダウン。さらに11月になると、西高東低いわゆる冬型気圧配置になり、太平洋側は乾燥した空気が流れてきます。また、秋冬は木枯らしが吹きますが、実はそれも肌に悪影響。強い風にさらされることで、肌の乾燥が進んでしまうのです」

秋冬に肌が乾燥してしまうのは、残念ながら必然とも言えるんですね…。乾燥以外には、どのような肌トラブルが起こってしまうのでしょうか?

大貫「肌の美しさを保つ最適湿度は60%といわれ、それ以下になると肌が乾燥していきます。乾燥は、肌あれや乾燥小ジワの原因に。バリア機能も衰えるので、敏感肌に傾いてしまう方も多いですね。秋口ではまだ自覚症状が無いかもしれませんが、早めに乾燥に気づいてあげることが大切です」

<1つでも当てはまったら要注意! 秋冬の乾燥度チェック!>
□指先や唇がすぐ乾燥する
□洗顔後、肌がカサカサと粉っぽい
□ファンデーションのノリが悪い
□顔色がなんだかくすんでいる
□春夏のケアだと翌朝物足りない

眠っている間に肌はどんどん乾燥している!?

暖房で快適なつもりが、肌の乾燥が加速中!

エアコンの冷房は寝冷えや夏バテを引き起こしますが、暖房も肌にとっては悪影響。つけっぱなしで寝ていると、気候とのWパンチで乾燥が深刻化してしまうとか!

大貫「水蒸気が出ないエアコンは、暖房器具の中でも一番部屋が乾燥しやすくなります。加湿器を併用して、肌の最適湿度60%程度に保ってあげましょう。加湿器の表示パネルは、湿度が高めに出てしまうので、部屋に1つ温湿度計があると便利です」

エアコンの温度設定でも、乾燥対策はできるんですか?

大貫「外との気温差が無い方が、肌にストレスがかかりにくいと言われています。夏は外が33度:部屋が28度など、5度程度の差が一般的。一方で冬は外が5度:部屋が23度ほどと、約18度も差があるんです。ですから、暖房の設定は20度くらいがおすすめです。あとは、エアコンの風が直接当たらないようにする、タイマーを活用するなど上手に付き合っていきましょう」

20度とは思っていたよりも低めの設定。 となると、 暖房をつけないほうが肌に良さそうな気もするのですが…。

大貫「少し難しい話ですが、室温が低いと加湿器を使っても空気中に水分を含むことができず、部屋の湿度は上がっていきません。加湿器を併用するという条件であれば、ある程度室温を上げた方が、肌には優しいと思います」

とにかく保湿!夜の盛り盛りスキンケア

たっぷり保湿で乾燥知らずの肌に

外気や暖房など、肌にとって過酷な状況にある秋冬。どうやって乾燥から肌を守っていけばいいのでしょうか?

大貫「朝はメイクが崩れてしまうので、保湿するにも限界がありますよね。だから私は夜のスキンケアに力を入れています。夜のスキンケアは、潤い美膜を作りガードしてあげるイメージです」

秋冬の乾燥対策には、夜のスキンケアが大切なんですね! 翌朝もっちり肌に導く乾燥肌のためのナイトケアは何をしたらいいのでしょうか?

大貫「夜のケアはテカるくらいに盛るのが基本です。もし塗り過ぎて朝まで残ってしまったとしても、洗顔で落とせるから怖がる必要はナシ。すべてのアイテムの塗布量を夏場よりも増やして、特に乳液はたっぷりと。ベタつくなと思っても、朝なじんでいればそれが適量です」

それでも何か物足りない! そんな時のおすすめは?

大貫「私は秋冬になると、保湿系の美容液をプラスしています。夏は美白系の美容液を選ぶことが多いのですが、やっぱり秋冬は肌が潤いを求めている感じ。秋冬の乾燥対策には、1アイテム追加で投資する!これがポイントです」

投資したい1品はコレ! 潤い美膜を作るナイトパック美容液

秋冬に投資する1アイテム、たくさんあって、どれを買おうか迷ってしまう…。そんな人におすすめなのが肌美精の「ナイトスリーピングセラム」。ナイトパック効果で、美容成分を角質層に長時間キープし、睡眠を美容タイムに変えてくれる機能性の高い美容液です。

肌美精 ターニングケア保湿 ナイトスリーピングセラム/30g

大貫「いつものアイテムの最後に塗って寝るだけで、潤い美膜を作って美容成分をじっくり浸透(※1)させ、うるおいと弾力のある肌に導いてくれるこのアイテム。まさに秋冬に投資したい1品といえますね! サラっとした使い心地で、すぐに膜を作ってくれるから枕につく心配もなく使いやすいのもお気に入りです」

和漢美容成分(※2)に加えて、ビタミンEを柔らかカプセルにして配合(※3)。黄色い粒のカプセルは手に出す時に崩れて、角質層の最深層まで美容成分を届けます。

大貫「プッシュして手のひらに出すと、ビタミンEのカプセルが崩れて出てくるのも期待が高まります。私はまず1プッシュ出して、乾燥が気になる頬や目もとから塗っていきます。残った部分をTゾーンに。これをもう1度繰り返すと、乾燥が気になる部分に厚く重塗りができて、乾燥対策におすすめです」

「投資アイテムを考えるのも秋冬の楽しみ」と大貫さん。この秋冬はぜひ1点追加投資して、乾燥から肌を守り抜きましょう!

※1 角質層の最深層まで
※2和漢花セラミド(保湿成分:セラミド含有ゆずエキス、米ぬかエキス、芍薬エキス)、和漢花バランスセラム(整肌成分: 真珠エキス(加水分解コンキオリン)、はとむぎエキス、イソフラボン含有大豆エキス、ざくろエキス)
※3 ビタミンEカプセル(整肌成分:酢酸トコフェロール、マンニトール、セルロース、酸化鉄(アクリレーツ/メタクリル酸 アンモニウム)コポリマー、クエン酸トリエチル、酸化チタン、タルク、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、マイカ)