HADABI COLUMN

BEAUTY

翌朝の顔が楽しみに!
眠りをエステ時間に変える“睡眠スキンケア”

その肌トラブル、睡眠不足が原因かも!?

お肌のために睡眠は大切。これはもはや常識ですが、ただ眠るのと“睡眠スキンケア”をしながら眠るのでは、肌に差が出るのをご存じですか? 睡眠を美容タイムに変える“睡眠スキンケア”をご紹介します。

「ライフスタイル」ガイド:友野なお

株式会社 SEA Trinity 代表取締役・睡眠コンサルタント。順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科 修士号取得。産業心理カウンセラー・科学でわかる ねむりの環境・空間ラボ 主宰。日本睡眠学会正会員、日本睡眠環境学会正会員。眠りから健康と美容を創造する睡眠コンサルタントとして、独自の快眠法『眠活』を考案。

たかが睡眠不足とあなどるなかれ!睡眠と美肌の深い関係

仕事にプライベートに忙しく、慢性的に睡眠不足になりがちなアラサー女子。眠れていないのは私だけ? 周りのアラサー女子の睡眠事情が気になります!睡眠コンサルタントとして活躍されている友野なおさんにお聞きしました。

友野さん(以下敬称略)「日本人の睡眠時間は、世界的に見ても短いのが特徴。睡眠時間が6時間未満の方は年々増加しており、残念ながら睡眠時間が足りていない方が多いようです。朝すっきり起きられない、休日に寝だめをする、ベッドに入って30分以上眠れない。などが当てはまる方は、睡眠の質も低い可能性があります」

寝不足になると肌がボロボロ…と体感では分かるのですが、睡眠不足が肌の大敵と言われる理由について教えてください。

友野「寝入って最初の深い眠りで多く分泌される成長ホルモンは、天然の美容液と呼ばれています。成長ホルモンにはタンパク質を合成し修復・回復する働きがあり(※)、お肌の新陳代謝を助けてくれる美肌の味方。良質な睡眠がとれないと、成長ホルモンの分泌が低下してしまうのです」

天然の美容液、すごく良さそうです! その成長ホルモンは、長く眠るほど分泌されるのでしょうか?

友野「以前は22時~2時が、お肌のゴールデンタイムと言われていました。ですが最近では研究が進み、成長ホルモンが大量に分泌されるのは寝入りばな1.5~3時間であることがわかっています。なので、無理に22時に寝ようとしなくても大丈夫。それよりも最初の3時間を途切れることなく熟睡することが大切です」

※ 友野なお 『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』 大和書房 2017年

“3首”を温めて、ぐっすり熟睡!

手・足・首を温めて寒い冬も快眠!

せっかくの美肌を育む睡眠タイムですが、これから秋冬に向かうと体が冷え、ベッドに入ってからなかなか寝付けないことも。

友野「10分位まどろんで、段々と眠りにつくのが理想的です。内臓の温度が徐々に下がることによって眠くなるのですが、そのためには手足から熱を放散させる必要があります。つまり、睡眠前に手足が温まっていることがカギ。秋冬は特に、冷えトラブルも出てくるので、眠る前に“3首”を温めておいてあげましょう」

<首>
ネックウォーマーを持っていなくても、濡れタオルを電子レンジで温めたホットタオルで首元を温めてから寝るだけでも効果的。

<手首>
冷えにくい部分なので気にならない方はそのままでOK。重度の冷え性の方は、薄手のポイントウォーマーの着用がおすすめです。

<足首>
筋肉が少なく、温まりにくい部分。お風呂から上がったらすぐにレッグウォーマーを装着します。もこもこしているタイプは寝がえりを妨げるので、できれば避けて薄手のものを選んでください。靴下は足先に熱がこもってしまうので、足先が無いタイプがおすすめです。さらに眠る直前に、ドライヤーで足首を1分ほど温めると足がぽかぽかに!

睡眠をエステタイムに!“睡眠スキンケア”

ゆったりスキンケアすればリラックス効果も

夜のスキンケアを大切に、日々睡眠スキンケアを実行されている友野さん。その美肌を見ると納得です!

友野「人は絶対に眠らなければいけないのであれば、その時間をエステタイムに変えてしまおうと始めました。睡眠をエステタイムにするには、まずはぐっすり熟睡して良質な睡眠をとること。そして、夜のスキンケアでたっぷり保湿をして、肌を休ませて充電してあげること。この2つを大切にしています。起きるたびにキレイになっていく、それが睡眠スキンケアです」

夜のスキンケアで、特に保湿を大切にしているのはどうしてなのでしょうか?

友野「保湿不足だと乾燥して、肌はゆっくり休むことができないと思いませんか。だから私は、夜のスキンケアでは、たっぷりと化粧水・美容液・乳液を使い、保湿に力を入れています。アロマをたいたりすると、リラックスできて睡眠導入がよりスムーズになります」

睡眠スキンケアに最適!ナイトパック美容液

肌美精 ターニングケア保湿 ナイトスリーピングセラム/30g

睡眠スキンケアに欠かせない保湿。でも、何度もアイテムを重ね付けしたりと面倒なのは続かなそう…。肌美精から新登場の「ナイトスリーピングセラム」は、スキンケアの最後に塗って寝るだけで睡眠スキンケアが叶うのだとか!

友野「このナイトスリーピングセラムは、ナイトパック効果で睡眠時間をエステタイムへ変える発想から誕生。まさに睡眠スキンケアにぴったりの美容液ですね。化粧水や乳液など普段のお手入れの後にプラスするだけでOKとお手軽なのに、パック効果が一晩中続きます」

睡眠スキンケア発想のこの美容液は、肌表面に潤い美膜をつくり、寝ている間に密封効果で美容成分をしっかりと閉じ込め浸透させてくれるのが特徴。日本女性の肌研究から生まれた和漢花セラミド(※1)が肌をしっとりと潤し、さらに和漢花バランスセラム(※2)が肌の水分と油分のバランス"基礎バランス"を整えて、キメやハリ、透明感(※3)までを生み出してくれます。

さらに、ビタミンEカプセル(※4)を配合。美容液を手に取る時に、柔らかカプセルにしたビタミンEが崩れて出てきます。無香料。アレルギーテスト済み・スティンギングテスト済み・パッチテスト済み(※5)もうれしい。

「肌の調子がアップするから、毎朝鏡を見るのが楽しみになりますよ」と友野さん。朝のお疲れ顔にサヨナラしたい! ナイトパック効果のある美容液で、睡眠スキンケアを始めてみませんか?

※1 保湿成分:セラミド含有ゆずエキス、米ぬかエキス、芍薬エキス
※2 整肌成分:真珠エキス(加水分解コンキオリン)、はとむぎエキス、イソフラボン含有大豆エキス、ざくろエキス
※3 うるおいを与えることによる
※4 整肌成分:酢酸トコフェロール、マンニトール、セルロース、酸化鉄(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリ マー、クエン酸トリエチル、酸化チタン、タルク、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、マイカ
※5 すべての方にアレルギー・刺激が生じないというわけではありません。