HADABI COLUMN

BEAUTY

美肌のための基本講座
美白のポイントは「メラニン対策」

ターンオーバーの乱れと「メラニン」の関係

女性の肌の悩みで多く聞かれるのが、シミ・そばかすといった肌トラブル。
その原因は、ターンオーバーの乱れからくる「メラニン」と呼ばれる色素の沈着にあります。


衣類などでガードしづらい顔は、紫外線などの外的刺激を受けやすい部位です。こうした刺激を受けて表皮の下層にあるメラノサイトの指令でつくられるのがメラニン。健康な肌であれば、メラニンを含んだ細胞はターンオーバーによって上へ押し上げられ、体の外へと排出されます。けれど、紫外線を過度に浴び続けたり、生活習慣の乱れなどからターンオーバーが正常に行われないと、メラニンを含んだ細胞が押し上げられてもはがれなかったり、過剰に生成されたりと、生成と排出のバランスが崩れてしまいます。結果、メラニンが留まり続け、シミやそばかすの原因になるのです。


大切なのは、規則正しい生活習慣などを心がけ、肌のターンオーバーのサイクルを整えること。また、紫外線を過度に浴び続けないよう、シーズンを問わずUVケアを怠らないこともポイントです。

シミ・そばかすはもちろん、老化の原因にも

紫外線が与える肌への影響は、シミ・そばかすだけに留まりません。しわやたるみといった老化をうながす要因にもなり得るのです。表皮の下の層「真皮」には、コラーゲンやエラスチンと呼ばれる繊維があり、肌の弾力や水分を保つ役割を担っています。真皮に届いた紫外線がこれらを傷つけ、結果として肌のハリが失われ、しわやたるみがあらわれることもあるのです。


肌のことを考えると、日々の生活の中でできるだけ紫外線対策をしておきたいもの。帽子や日傘、日焼け止めなどを上手に使うとよいでしょう。また、保湿も大切です。水分が保たれた肌は、ターンオーバーが整いやすく、紫外線ダメージからも回復しやすくなります。肌の水分量を保てるよう、日頃からケアしておけるとよいですね。